狛江駅北口 泉龍寺そばの内科なら染谷クリニック

狛江駅北口泉龍寺そば

メニュー

緊急事態宣言下でも体を動かしましょう!〜コロナ禍でも元気で長生き〜

  • HOME
  • お知らせ
  • 緊急事態宣言下でも体を動かしましょう!〜コロナ禍でも元気で長生き〜

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言後、運動不足の方を数多く診ています。
適度な運動は、筋肉の維持や転倒防止、心の健康にも良い影響を与えます。
政府も「少人数の散歩やジョギングなどは大丈夫(首相官邸)」とコメントしています。
室内での筋トレ、片足立ちに加えて、屋外でのウォーキングをしましょう。
ウォーキングは、一人で、家族と、または仲の良い友達(いつも行動をともにしている)としましょう。
マスクをして、十分に人との間隔をとり、すいた時間や場所を選んで行いましょう。

元気で長生きするために、コロナ禍でも体を動かしましょう!

健康維持のためにできることを始めませんか?

新型コロナウイルス感染症を防ぐためには、三密を避け、手洗いうがい、マスクの着用が有効です。
第3波の到来により、過度に感染を恐れるあまり、運動不足になっていませんか?
運動不足により活動量が減少することで体力が低下し、転倒や骨折から寝たきりに繋がることもあります。
他にも、認知機能の低下、持病の悪化、免疫力の低下やストレスを感じやすくなるなど、健康二次被害と呼ばれる状態を引き起こしてしまいます。
心身共に健康でいるためには、意識的に、運動・スポーツを続けることが大切です。


新しい生活様式の中で、コロナの感染の予防と同時に、健康二次被害も防ぎましょう! 

出典: 内閣官房新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室 / 首相官邸 新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~ | 首相官邸ホームページ / 厚生労働省新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省 / スポーツ庁「新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について」より一部抜粋