狛江駅北口 泉龍寺そばの内科なら染谷クリニック

狛江駅北口泉龍寺そば

メニュー

診療案内

診療方針

● 一人ひとりの生活環境を考慮し、生活習慣の改善を促します。
● 健康で活動的な日常生活が送れるよう支援いたします。
● 糖尿病専門医として、血糖コントロール、血管合併症、老年症候群の予防を行います。
● 骨密度・体組成・認知機能の程度を評価し、骨折・筋力低下・認知症による寝たきり予防を目指した診療を行います。
● 当院で十分な診療ができない場合(他科疾患、検査、入院も含めて)大学病院や主要な医療機関にご紹介いたします。
● 介護保険や地域包括支援センターなどの社会資源の活用を視野に入れた診療を行います。
以上を基本姿勢として、当クリニックは健康長寿(生きている限り歩き続ける)の実践を目指します。

~健康寿命の鍵は、介護予防(フレイル予防)から~

皆様の未来を見据え、地域の健康・医療・介護に、チーム医療で貢献します。
日本は世界でも長寿国であり、「人生100年時代」と言われるようになりました。
これからは「元気に自立して日常生活を送ることができる健康寿命」を伸ばすことが大切です。

介護の要因となる二大因子は、

(1)脳血管疾患や心臓病
(2)転倒や骨折、認知症といった高齢による衰弱
があげられます。

(1)脳血管疾患や心臓病の予防は、動脈硬化、糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病の治療が欠かせません。
動脈硬化の危険因子は、糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満、喫煙などたくさんあります。
糖尿病は血管病といわれることもあり、全身の血管で動脈硬化が進行しているケースもあります。
肥満の増加を背景に、糖尿病患者数はさらに大きく増加し、平成28年(2016年)の国民健康・栄養調査で1000万人となり、予備軍と合わせて2000万人と推定されています。
糖尿病は進行するまで症状が出ないため、定期的な評価と十分な治療がとても大切です。
早いうちに適切な治療を始め、合併症の発症を予防し、病状の進行や悪化を遅らせることができます。治療を続け、定期的に検査を受けることが必要となります。
当クリニックでは、体重、血糖値、血圧、脂質(コレステロール)をコントロールするため、患者さま一人ひとりに合わせた生活指導を基本とし、ていねいに診療していきます

(2)転倒や骨折、認知症といった高齢による衰弱予防は、サルコペニア・フレイルの予防です。
こころと身体の働きが弱くなってきた状態を、フレイル(虚弱)とよびます。
フレイル予防の重要な3つの柱は、栄養・運動・社会参加と言われています。
糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病に対しては、食事・運動・薬でコントロールすることで、ある程度予防できます。一方で、フレイルや認知症などで、要介護になる人が増えていますが、これらは薬による対処が難しいのが現状です。
健康的に、そして元気に年齢を重ねていく為には、生活習慣病の治療とともに、フレイル予防を取り入れていくことが重要です。多職種のスタッフと連携し、介護予防であるフレイル対策を推進します。
専門性と経験を生かし、皆様の健康維持のお役にたてるよう努めてまいります。
皆様の笑顔あふれる毎日に貢献できれば幸いです。